アペックス、リクルートサイト

アペックス採用サイト

社員インタビュー

ドクターと子育ての話をしながら
医療機器をご提案

営業N.U.さん

2015年入社(現 主任)

─転職のきっかけは、会社と業界の成長性に惹かれて
元々は自動車ディーラーの営業マンとして働いていましたが、結婚して妻が子どもを授かるようになって、将来が明るい業界や会社に転職したいと思うようになりました。そこで目を付けたのが医療業界。高齢化社会の到来や医療技術の進歩によって、伸びしろのある業界だと思いました。APEXはその中でも成長率が高い会社だったので興味を持ちました。

社員写真

─ドラマで見るドロドロした業界ではありません
入社前に唯一不安だったのが「医療機器の営業職は大変そう」だということ。なぜならTVドラマなどによく登場するドクターは商談相手として大変そうな人が多く、どろどろした業界だと考えていたからです(笑)。でも実際にこの仕事をはじめてイメージが180度変わりました。イクメン同士、子育ての情報を共有するなど、ドクターとの距離を詰める方法は自動車ディーラー時代に培った営業とほとんど変わりなく、前職のスキルが存分に活かせています。
─好奇心旺盛で学ぶことに喜びを感じる人が向いている!
現在はリーダーとしてマネジメントに関わることも多くなってきたのですが、この仕事には「好奇心旺盛で学ぶことに喜びを感じる」タイプが向いていると思います。ドクターから質問されたことや調べて欲しいと言われたことに対して、探求心を持って答えを見つけ出し信頼を得ていく。入社前に医療機器の知識が無くても、そんなタイプの人材なら成長できる環境だと思います。

採用のエントリーはこちら

採用エントリー